ピーク体験

ピーク・トラム歴史ギャラリー
展示ハイライト

ピーク・トラムのけん引機室


ここではピーク・トラムの心臓とも言える、けん引機室を展示しています。1926年から1989年まで使用され、山頂駅の建物内に設置されていたものです。1926年、トラムのアップグレードが決定され、新しく電動システムを導入するにあたりメトロヴィックの略称で知られるイギリスの重工業会社、メトロポリタン・ヴィッカースが選ばれました。1888年から1926年までは蒸気を動力源としてロープを巻き上げ、3.5メートルもの大きさの巻上ドラムが線路上に設置されている滑車上に敷かれた鋼線ロープを巻き上げていました。

 

1926年にピーク・トラムウェイズ・カンパニーはけん引機室を完全に改装し、ボイラーや蒸気機関は電動システムに置き換えられました。この改変は1924年のOld Peak Road(オールド・ピーク・ロード)の開通がトラムの利用者数を減らし、廃れてしまうことを恐れての投資だと言われていましたが、ピーク・トラムウェイズ・カンパニー自身は需要が変わらないことに自信を持っていました。

 

ピーク・トラムの操縦士は実際にこのけん引機室で巻上ドラムの上前に座り、操縦を行います。車両の運行にはこの操縦士と、車両に乗っているブレーキ係りの密接なコミュニケーションの上に成り立っていました。ベルを使ったシグナルで会話を行い、その指示に従って操縦士は1,500mの鋼線ロープ巻き上げたり、巻き下げるように動力を操っていたのです。この方法で完璧に操縦をしていました。

所在地 ショップ
ピーク・トラム駅(ガーデンロード)
入場料
無料(出発ホーム側にあるため、山頂行きピーク・トラム利用者のみ入場可)