1888 ~ 1926
1888年5月、サー・ウィリアム・デ・ヴー総督により正式にオープン。木製の車両は石炭燃料のボイラー駆動、定員は30名。

     
 

1926 ~ 1948
スチームボイラーを電動駆動に入れ替え、座席は52席へ。

     
 

1948 ~ 1959
第二次世界大戦後、人口増加の需要に合わせ、62席の全金属製車両を導入。

     
 

1959 ~ 1989
全ての天候に対応したデザインの全アルミ製、軽量車両が誕生。座席も72席へ増加。

     
 

1989 ~ 現在
現代的システムを取り入れた、マイクロプロセッサー制御技術にアップグレード。さらに新車両を導入し、120席に。

     
8_4.asp sitemap.asp