山間を走る由緒あるピーク・トラムは香港の自然の素晴らしさ、美しさを真に享受できる唯一の方法であることは、多くの人が賛同しています。毎年、何千万という旅行者が世界中から訪れ、市内の景観を他にはない角度から楽しんでいます。

また、ガーデン・ロードのピーク・トラム駅には「ピーク・トラム歴史ギャラリー」があります。2007年9月に開設され、改札口から乗り場までを15つのテーマゾーンに分け、200以上の展示品を展示。19~21世紀の香港を感じられる時空トンネルとなっています。1888年5月30日の運行初日には、600名以上の乗客が訪れました。

 
 

ピーク・トラムの幻影

香港大学による研究*によると、ピーク・トラムの乗客は次のような壮大な幻影を体験することになります。坂を上るとき、トラムの右手に広がる高層建築がザ・ピークに向かって落下するように見えます。こうしたピーク・トラムの幻影は、視界の傾き加減やトラム内の乗客の体の傾きによる、主観的平衡感覚の変化によって起こります。

ぜひピーク・トラムに乗車し、幻影をご体験ください。

*研究は心理科学会誌「Psychological Science」にて2013年に発表されています。

 
 
 
8_4.asp sitemap.asp